第2巻

ドラゴンクエスト ダイの大冒険 27話(ひとかけらの勇気!の巻)まぞっほ、ポップを諭す

f:id:morisan3rd:20201220215856p:plain
出典)ドラゴンクエスト ダイの大冒険 27話(ひとかけらの勇気!の巻)

ダイとマァムを見捨てたポップ。しかし、クロコダインと戦う2人が気になる模様。そこへやってきたのはニセ勇者御一行のまぞっほ。まぞっほはポップに仲間にならんかと誘います。その真意は・・・・? 2020年のアニメでは9話のひとかけらの勇気のお話です。

まぞっほが来たのは、ポップにはっぱをかけるためです。まぞっほは水晶玉でダイとマァムのピンチを伝えるとともにクロコダインと戦うよう促します。

まぞっほは自分の若い頃を思い出し居ても立っても居られない状態になりポップのところに戻ってきたのでしょう。よほど自分の過去に後悔しているのかと思います。そして、ポップに同じ轍を踏ませたくないと強く思い、こうポップに叫びます。

勇者とは勇気ある者ッ!! そして真の勇気とは打算なきものっ!!相手の強さによって出したりひっこめたりするのは本当の勇気じゃなぁいっ!!!

引用)ドラゴンクエスト ダイの大冒険27話(ひとかけらの勇気!の巻)

この場面はダイの大冒険の名シーンの1つです。いやーまぞっほカッコいい!!でも、このセリフ、なんか僕自身に言われているみたいでね。なんか自分が恥ずかしくなってしまいます・・・。

子供の頃には、このセリフを何回も友達に言ったりしました。大人になってからもこのセリフを思い出して踏ん張ったこともありました。こう考えてみるとダイの大冒険は僕の人生に明らかに影響を与えてますね。

このまぞっほのセリフ、実は彼の師匠のセリフと物語では言っています。まぞっほの師匠はマトリフの師匠でもあり、相当な実力者だったと思われます。現在、ドラゴンクエスト ダイの大冒険 勇者アバンと獄炎の魔王が連載されていますからその中でまぞっほとマトリフの師匠の姿が明らかになるかもしれません。ちなみにまぞっほはマトリフを兄者と呼んでいた模様。ちなみにまぞっほは68歳。マトリフは98歳と思われます。

そして、悩んでいるポップにさらにまぞっほはこう言います。

さぁ早く行けっ 胸に勇気のかけらがひと粒でも残っているいうちに・・・!・・・小悪党にゃあなりたくなかろう・・・?

引用)ドラゴンクエスト ダイの大冒険27話(ひとかけらの勇気!の巻)

これはまぞっほの独自のセリフ。まぞっほも十分にカッコいいじゃん!胸に勇気のかけらがひと粒。いい言葉です。まぞっほは、いままで逃げの人生だったかもしれませんが、このセリフをポップに伝えるための使命を持っていたとも言えます。

まぞっほには後半でもう一回、重要な使命が任されますが、それはそのときのお楽しみですね。それではまた。

この回は本当に素晴らしいお話でした、漫画を読んでない人はぜひ読んでみてください。